ガラス交換を行なう際の注意点

自宅に防犯ガラスを導入すれば犯罪をしっかり予防することが可能です

DIYで窓ガラス交換~失敗しないようにするには~

ガラス交換で自宅の防犯性能をアップさせるには、業者の方に交換作業を実施してもらう必要があります。しかし手先が器用でガラス交換を自分で行なえる方ならば、業者に依頼することなく防犯ガラスを取り付けすることが可能です。

自分で窓ガラスを取り付けられる

個人でガラスを交換する場合はまず業者の方に希望するサイズのガラスを制作してもらい、自宅で取り付けする窓のサッシを外しましょう。丁寧な対応で作業を行なわないと交換したガラスにひびが入ったり、サッシが外れてしまいます。

サイズミスしない方法

  • ・ メジャーなどを使ってサイズを図る
  • ・ 図ったサイズをメモに記載
  • ・ 再度サイズを図ることでサイズを確認、相違が無いか調べる

DIYの注意点

ガラス選びが肝心!(DIYガラス交換の経験者)

自分で住宅のガラスを交換しようと考えている方は、どういった目的のためにガラス交換を実施するのかをよく考える必要があります。自宅にとって最適なガラスを選択しておけば、スムーズにガラスの取り付け作業を進めることができますよ。

まとめ

個人でガラス交換を行なうことは可能ですが、あまり手先が器用でなかったりすると施工が完了するまでに多くの時間と費用を費やしてしまう可能性が高いです。こういった場合は業者の方に対応を任せるようにしましょう。

防犯対策が遅かった~物が盗まれたら保険金がもらえる~

ガラス交換を実施して防犯ガラスを導入しておけば、万が一空き巣などの被害でガラスが割れてもすぐに対応を行なうことが可能です。

火災保険が適応される

盗難被害によって自宅の窓が破壊されてしまっても、火災保険に加入していれば保険金で窓を修理することができます。ガラスやドアだけでなく盗まれた物の補償もしっかり行ってくれるため、自宅の防犯性強化にも最適な対策です。

自宅に防犯ガラスなどを導入する際は念のために火災保険へと加入しておき、自宅や家財をしっかりと守れるように対処しましょう。

TOPボタン